朝日新聞デジタルの社説である。

新しい首相が決まって、EUからの離脱を宣言し、何が何でもやると言っていることに「多様な国民を忘れるな」と苦言を呈している。

 

つまり新首相、ボリス・ジョンソン氏は、白人の中年男性の代表であって、英国の多様な構成員の代表ではないという、お節介にも思える忠告だ。

>ジョンソン氏が勝利した保守党首選に参加できたのは約16万人の党員で、人口の0・2%にすぎない。昨年発表の調査では党員の97%は白人で、71%が男性、平均年齢は57歳だという。EU残留派が多い若者層や、非白人移民など多様な英社会を反映していない。

 

現在の英国は多くの移民を受け入れ、人種的、文化的な背景はさまざまになって来ている。

これを嫌気したのがEU離脱の大きな理由でもある。

 

とすれば、移民、移民由来の国民の声を聞けと言うのは、ある意味ナンセンスだ。

それが嫌で懸命に動いている訳だから笑

 

オリジナルメンバーに対して、新メンバーが加入した場合、ある程度の新加入メンバー数までは、新メンバーの方が、元々のルールや慣習に従うことになる。

ところが、新加入メンバーの数が増えたり、新加入メンバーの累積数が増えてくると、立場は逆転する。

 

新加入メンバーの数が、オリジナルメンバーの数を上回り、その結果、民主的な手続きであるところの「多数決」を行なうと、新加入メンバーの意見が通り始める。

 

通り始めると言うのは、最初は小さく、抵抗感のないところから始るということだ。

一度始まった新加入メンバーに有利な変化は、さらに、より有利な変化を連鎖的に呼び込むことになる。

 

こうして、気がつけば、オリジナルメンバーに居心地の良い場所はなくなってしまう。

 

これが音楽のバンドなら、「つまらないグループになっちまった。俺はもう辞めるぜ」と言いながら、去ることも出来るが、母国とあってはそうも行かない。

 

なにしろ海外に移住するのは大変な労力もかかるし、金銭面などの条件もある。

そもそも、オリジナルメンバーを圧迫しだした彼らはどうやってこの国に来たんだっけ?

 

そんな事を考えながら、片隅に追いやられたオリジナルメンバーは、みじめな気分で、肩身狭く生きて行かざるを得ないかも知れない。

 

賃貸住宅なら、引越せばいい。

ただ、そこを終の棲家と思うのなら、新加入メンバーには要注意である。

 

昔の人は本当に良いことを言った。

「軒を貸して母屋を取られる」

 

writer: 羽家吾穂